苺を甘噛みする女性の口元

オナクラ風俗のサービスや向いている女性のタイプなどについて

オナクラなどのライト風俗求人に応募しようとしている方も多いことでしょう。しかしながら、だったら、普通にお水系の仕事をした方がいいんじゃないかという悩みも持つことでしょう。

ここでは実際にオナクラで働いている女性は、どういった女性が多いのか。他にも、どうしてオナクラで働いているのかといったことを紹介していきましょう。

オナクラで働く女性の特徴

オナクラは、そのサービスが、他の風俗ジャンルとは違って、非常にソフトなサービス内容になっています。エステ系と同様に、基本的には、触れられない、舐めない、脱がないといった風俗です。

もちろんお店によっては、バストトップであったり、バストタッチといったオプションが用意されていますが、オプションプレイに関しては、働く女性側に選択権がありますから、拒否することも可能です。

比較的に若い女の子で、ちょっとした贅沢をしたいだとか、遊ぶお金が欲しいといったお小遣い稼ぎのニュアンスで働いていることが多いです。

更に、カンパイワークもあるけれど、アルコールが苦手だとか、酒の場はちょっと苦手といった女性が働いていることも共通点として見られています。

オナクラでなぜ働くのか

なぜオナクラの風俗求人を選択したのかといえば、やはり数多くある風俗の中でも、サービスがソフトだからではないでしょうか。

それでも20万円から50万円といった副収入としては、かなり高額な報酬を得ることが可能です。1日2時間からといった短時間の出勤時間も許されていることから、そこまで長時間拘束されたくないといった、まさにアルバイト感覚で働くことが出来るのも、オナクラを選び働いている理由の一つになります。

出勤も短時間。サービスもソフト。酒が苦手でも大丈夫な風俗なのです。